読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーシア ビジネススクールに行く!

会社員を辞めてHELP UniveristyのMaster of Executive Managementで学んでいます。

英語力が足りないときは条件付き入学で!

Offer Letterもらえました!


Conditional Offerとデカデカと記載されていましたけど(笑)いわゆる条件付き入学許可書ですね。留学基準点のIELTS 6.0を達成しなかったからです。IELTSやTOEFLで入学までに要求点をクリアするか大学の英語クラスを経てから入学するかの二択のようですが、「読む」以外のAcademic Englishに縁が無かった私はみっちり英語クラスで鍛えてから本科へ入学します。IELTSの受験料も25000円程と高いので何度も受験するのはキツイですし…。


条件付きとはいえ、5月からマレーシアで勉強できることがほぼ確定したので(ビザが問題なく発行されれば)無職で途方に暮れるという可能性が無くなってよかったです!

条件付き入学とは?

他の要求事項は満たしているのに一つだけ足りなくて入れない!という時に、クリアしたら入学しても良いですよというものです。私のように英語の点数が足りない人の他に、卒業証明書・成績証明書が間に合わない人、健康診断書が間に合わない人という項目もありました。

留学するのに一番気になるのが英語力ですが、IELTSやTOEFLはしっかり準備して臨まないと一般的な英語に慣れているだけでは全く太刀打ちできません。仕事をしながら目標をしっかりクリアできる方ももちろんいらっしゃいますが、クリアできなくても大丈夫です。安心してください。

英語力が足りないときは大学の英語クラスを終了すれば入学可

HELP Universityのように大きな大学になってくると学内で非英語圏の留学生向けに英語クラスを開講しています。(※マレーシア出身の学生は英語ができて普通なので同じクラスになることはまず無いそうです)一般的な日本人学生のように英語を科目として受講しただけで、英語の使い方をしらないような入学希望者へ大学で必要な英語を教えるクラスです。

レベルは1~6まであり、渡航した際のプレースメントテストで最初のクラスが決まります。各レベル1カ月間の授業の最後に進級テストを受験し、合格できれば次のレベルに上がれるという仕組み。無事にレベル6を修了したら大学・大学院に必要な英語力が身についたとして、次のインテイクから本科に合流することができるというわけです。

つまり、余分に英語クラスの費用と時間は掛かりますがTOEFLやIELTSの基準点を超えていなくても入学許可をもらえるのです!ちなみに現時点でのIntensive English Programにかかる費用はRM1500/月。約4万5千円程ということで、平日みっちり授業を受けてこのお値段は日本の感覚からすると破格ですね。

他の留学生との交流もできて、大学入学前のプレスクールという意味でも活用できるかも。

とは言え…

前回のエントリーでも書きましたが英語クラスがあるから日本では勉強しなくても大丈夫ってことは無いので、少しでもスムーズに授業を受けられるように頑張ります(´`)