読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーシア ビジネススクールに行く!

会社員を辞めてHELP UniveristyのMaster of Executive Managementで学んでいます。

2017年度NHK語学講座について考える

英語

3月も下旬に入りそろそろ4月が始まります。
つまり2017年度が始まるわけですが、私にとって毎年地味に問題になってくるのがNHK語学講座の編成なのです。


www2.nhk.or.jp


NHK語学はCDを買えばもちろん高くつきますがテキストだけなら数百円だし(しかも電子書籍が買える)、番組自体はネットで無料ストリーミング放送をしているので最もコストパフォーマンスが高い教材として私の中で定評があります。
せっかくマレーシアに居るので中国語でもいいのですが今のところなんだかんだ英語しか要らないのでやっぱり今年も英語を磨くことにします。
しかし今回最も衝撃だったのがここ数年最も好んで聴いていた「攻略英語リスニング」が無くなってしまうということ…。
なんだかAレベルはすごく充実しているのだけどBレベル(特にB2以上)がスッカスカ。
※レベル別語学番組表はこちらから見れます(NHK語学公式サイト)
ちなみに自分が今どのレベルか簡易的に図るためのテストサイトは下記からどうぞ。


eigoryoku.nhk-book.co.jp


私はB2でした。妥当ですね。
現在の環境からではラジオ講座しか選択肢が無いので攻略英語リスニングが無くなってしまったことは結構痛いです。
柴原先生の声が好きだったんだけどなぁ。
ということで2017年度にお世話になる番組は自然とこちらになりました。

  • 入門ビジネス英語
  • 実践ビジネス英語
  • ラジオ英会話


新番組の『高校生からはじめる「現代英語」』も少し聞いてみようかな。


英語の環境に居るのにまだNHK聞くの?ってなことを思われるかもしれないんですけど、日常生活で使う英語って本当に大したことがなくてちゃんとした教材でいろんな話題に触れてないと能力が偏ってしまうんですよね。
中学に入るくらいの年で無理やり関西弁を取得せざるを得ない状況に追い込まれたせいで日本語でさえもコンプレックスがあるんで余計にそうかも(´∀`;)
そういうわけで2017年度も海外在住者にも優しいNHK語学講座で改善に努めたいと思います。

マレーシア留学をして私がよかったと思っていること

留学 留学-大学 経営学

そろそろ私が留学を初めて一年が経とうとしています。ビザの更新時期になりました。早いですね。


ニコ生につないでいると「お金があったらマレーシア"なんか"留学しないでしょう」と言う人に出会うことが割とある。
発言者は特に日本から一歩も出たことが無い人やヨーロッパやアメリカしか行ったことがない人のような感じだ。
ニコ生に来る人以外にも、日本では驚くことに「日本より優れている国は無い」と思っている人に出会うことがある。
その割にアメリカやヨーロッパは日本より上で、そのコンプレックスを他アジア諸国・中東・アフリカにぶつけているのではないかと思ってしまうほどだ。
日本のテレビ番組で「外国人から見て日本はこんなにすごい」という内容が頻繁に放送されているのがその証拠ではないだろうか。
クアラルンプールを電気も水道もないようなジャングルの中だと思っている人に出会うとこちらが驚く。

ここに私が書いていることは日本から一切出ない、外国人と関わる予定もないという方には正直関係のないことなので、そういうことに興味がある方だけ読んでもらえたら良いと思う。


留学先は先進国の方がいい?

以上のような考えから留学するにしても先進国以外の選択肢がそもそも無いのが一般的な考え方だと思う。
実際私も数年前に遊びに連れてこられるまではマレーシアのことなんか考えたことも無かった。
日本は特にアメリカやヨーロッパの文化に馴染みがあるため、先進国に行くことの利点は生活が想像できることだろうか。
私は10年ほど前にアメリカに一か月ほど滞在したことがあるのだがその時の印象は「人が英語を喋る以外日本と全く同じだな」ということであった。
あまりカルチャーショックというのは少なく、あったとしてもどれも予想していたことだったからである。
この利点はストレスや不安が少なくて済むということではないだろうか。


せっかく違う国に行くならカルチャーショックは大きい方が良い

性格によるところもあるが、私はカルチャーショックは大きければ大きいほどいいと思う。
ビジネススクールに通う身として特に、カルチャーショックは考えてもみなかったビジネスの好機を見つけることと同じだからである。
「日本ではあったのに無くて不便だな」「日本にはないけどこれは便利だ」と思ったりするからだ。
全く違うバックグラウンドと考え方を持った人と話すと自分が生きてきた世界がどれだけ小さいものだったのかと気づかされることにもなる。
日本という国は良くも悪くも変わっていて世界から見ると日本の「当たり前」は「特殊」であることが多いように感じている。
世界に広がる大企業になればなるほど、働く人々の国籍は様々で多角的な角度から物事を考える姿勢を求められる。
多角的な視点を手に入れるためには日本とは全く違う文化の中にどっぷり入って考えることが重要ではないだろうか。


実際マレーシアの学校ってどうなの?

私のコースに限った話でいうと実はマレーシアの大学なのにマレーシア人は稀である。
日本人は私だけだし、他の国の子も大体みんな国籍はバラバラである。
西ヨーロッパやアメリカの子はいないのだが、私にとって中東やアフリカの子と直接意が見交換ができることは日本では難しいことなのでとても貴重な体験だ。
育つ環境が違うと意見が全く違うのも面白い。
今の大学はアメリカやカナダで十数年教えてきた教授が教えてくれるし、授業内容も教科書も同じである。
卒業するその大学名が欲しいというならともかく、その点では別にアメリカでも、日本でも、どこでも同じだ。
だからこそ、どんな国の子とどれだけ違う意見を交換できるかということが重要になる。


中東・アフリカの留学生が多い理由

先日ニコ生で「なんでその国の子たちはアメリカの大学じゃなくてマレーシアに留学するのか」と聞かれたのだが、理由は大きく二つある。
一つは経済的な問題。もちろん安く済ませるに越したことはない。わたしはこのタイプ。
もう一つはビザの問題。アメリカや日本はもちろんのこと、比較的簡単と言われるカナダでさえも中東やアフリカの子達が学生ビザを取るのは難しい。
2年連続でカナダのビザに落ちてこれ以上待てないからマレーシアに留学したという子もいる。
お金だけの問題じゃない。日本人には予想できない問題である。
マレーシアは友好国が多く、特に留学生についてはイスラエルを除きどこの国の子でも手続きさえ踏めばビザはもらえる。
もちろん不法滞在者の増加という問題を抱えてはいるのだが、預金残高証明も要求されずパスポートと所定の教育を受けた証明書さえあれば手続きしてもらえる。
チャンスを掴みたい学生の視点では非常に優しい国なのだ。

日本より優れている国も劣っている国も無い

それぞれの国が問題を抱えていて、同時に称賛すべき文化や考え方も持っている。
どの国が良くて、どの国が悪いということは無い。
様々なランキングに固執しがちなところは誰にでもあると思うが、今後はイスラム社会やアフリカ諸国を無視してビジネスを行うことはどんな大企業であっても衰退を意味することになる。
もっと若い年齢から日本の文化から大きく離れたそれらの文化に触れることは本当の意味で「グローバル人材」になる要素になるのではないかと思う。
グローバル人材は英語が喋れる人ではない。優劣をつけず、あらゆる文化を尊敬する心を持った人のことを言う。


そういう意味で、特に深いことも考えず渡ってきたマレーシアであるが日々学ぶことや考えさせられることが多く本当に留学してよかったと私は思っている。

☆おしらせ☆

留学 ブログ ブログ-雑談

今更ですが家族がポケモンGOにハマった影響で誰も電話してくれないのでどうしても喋りたくなった末、ニコニコ生放送を始めました。


マレーシア・クアラルンプールに留学してるけど質問ある?-ニコニコミュニティ


昨日有り難く放送中にリクエストを頂きまして2回お話させて頂きました!
ニコニコプレミアム会員の方であれば一週間はタイムシフト視聴が出来ます。
ブログと同じで気が向いたらやるくらいになると思いますが、良かったらこちらもお願いします。
リアルタイムでマレーシアのことや留学のことなどにお答えします。


コミュニティをフォローしてくれたら放送中のお知らせが行くと思います。(多分)
ゆくゆくは文房具の話もしたいなーと思いますがこれは未定です。


あとTwitterのアカウントも作りました!
文房具関連の方々をフォローする目的です。
連携したので生放送の情報もここに掲載されるはず。


twitter.com


まだ誰もフォローしていませんがこれからフォローさせて頂く予定です。
いつもお世話になっている皆様を全員探すのは大変なのでフォローしていただけると有難いです!


以上、他のサービスでもよろしくお願いします!

マレーシアで卵の生食について考える

マレーシア マレーシア-生活

日本人って生卵好きですよね。私も好きです。TKGこと卵かけご飯好きです。
でも海外では生卵が食べられないって聞きませんか?
特にマレーシアは常夏なのでなんとなく無理なイメージありますよね。


でも私食べてます。
TKGや生卵とチーズを混ぜるだけの本場流カルボナーラとか食べてます。
何度も食べてますが当たってないので大丈夫でしょう。


というわけで私が食べてる卵についてご紹介します。
※もし当たっても責任は持てませんので参考程度にとどめてください。

その1:"100%安全"がパッケージに書いてある「SAFEGG」

www.safegg.com.my


f:id:emirakb:20161206205152j:plain
出典:http://www.safegg.com.my/#what_is_safegg

この卵だけ冷蔵庫で売られてます。
イオンにも伊勢丹にも、輸入物を扱うスーパーならまずあります。
上記ウェブサイトから販売店が探せます。


サルモネラ菌を低温殺菌している為、サルモネラ菌ゼロの卵です。
もし当たったら訴えても良いレベルの高級卵。
これなら安心して生卵を食べられます。心配性な人にオススメ。


欠点はやはりお値段。6個入りでRM10(約260円)です。
10個入りはRM15くらいだったと思います。高い。高すぎる。


そしてもう一つ、残念なことに正直美味しくないです。
というのも低温殺菌されているので白身が白濁しているんです。
その卵で卵かけご飯を食べても"コレジャナイ感"が。
100%安全保障ですが、高いし美味しくないので私は2回くらいしか買ったことがないです。

その2:日本と同じくらいの価格設定「LK Fresh」

Liang Kee Farming Sdn. Bhd. - Home


これも普通のものに比べたら高級卵ですが、Safeggの半額なので通常消費できます。
ちゃんと白身も透明で美味しいです。


さて、この卵については少し意見が分かれるかと思います。
というのもLK Freshには4種類の高級卵があるわけですが、以前日本人向け情報紙に生食できると書かれていたのは6個入りの「Low Cholesterol Eggs」なんですね。
※KL Fresh自体は8種類の卵を販売していますが伊勢丹においてあったカタログには4種類しかなかったので4種についてのみ言及します。
他のブログではその他は生食できないと書かれているものもあったりするのですが出来ます。
私やってます。


まずはLK Fresh全商品共通のことについて。
抗生物質や遺伝子組み換えの餌などを使用していない100%ナチュラル卵であること。
オーガニックと呼ばれるものでしょうか。最高クオリティの卵を供給しているらしい。


そしてここからが分岐点。
カタログに載っていた4つの卵です。


f:id:emirakb:20161206212146j:plain
出典:http://www.liangkeefarm.com/products.html

  • Low Cholesterol Eggs (6個入り。コレステロール25%カット)
  • All Natural Farm Fresh Eggs(12個入り。抗生物質・成長ホルモン不使用)
  • Loveggs(12個入り。アメリカの科学に基づき乳酸菌入りの餌で育ってた鳥の卵)
  • Sanitized Eggs(12個入り。滅菌)


お気づきですか?最初にこれしか生食できないといわれていたLow Cholesterol Eggsですがサルモネラ菌滅菌処理をしているなんて一言も書かれてないんです。
サルモネラ菌を処理していると明記されているのはSanitized Eggsだけです。
しかもこのSanitized Eggs、売ってるところを見たことがありません!(笑)


以上のことから、LK Freshの卵はちゃんと洗われててSanitized Eggs以外も食べれるんじゃない?という予想からLoveggsを食べてますが大丈夫です。
工場の写真もみれますが衛生管理がしっかりされたところのようです。
ちなみに他の製品は賞味期限が一か月くらいあるんですけど、Loveggsだけ一週間くらいしかありません。
保存が効かないということはそれだけ体にも良いと思って食べてます。
RM7くらいです。12個入りなので日本の卵より少し安いですね。

それでも気を付けていること

生卵を食べるときは帰ったらすぐに冷蔵庫に入れて三日以内に食べるようにしています。
新しい卵の方が美味しいですしね。
それを過ぎても半熟のまま食べたって全然大丈夫です。
意外とイケるマレーシアで生卵。
日本だってサルモネラ菌に当たることがあるんだから、こればっかりは運ですかね。


それにしても卵の賞味期限1か月って日本人としては微妙な感覚。
Loveggsの賞味期限が1週間ということはLoveggsが日本の品質に近いのかなぁと勝手に思ったりしています。
Sanitized Eggsどこかに売ってないかなぁー。試してみたい。

SIMフリースマホが当たり前で通信料の安い国で思うこと

マレーシア マレーシア-生活 経営学

日本は島国なので色々と閉鎖的であったり保守的であったりすることが度々指摘されるが、その中でも有名なものの一つとして携帯電話問題があると思う。日本にはSIMが売っていないから遊びに行っても困ると海外の友人が嘆いていたのはそんなに遠い昔ではない。今でこそ随分と規制が緩和されて格安SIMといわれるものが流通するようになったが、それでも大手三社でSIMロック機を購入して二年縛りの契約をする方が主流ではなかろうか。

マレーシアの携帯電話事情

マレーシアは現時点で発展途上国とカテゴライズされる国なので一度も行ったことが無い方からすればスマホの普及率なんかほとんどないだろうと思われる方もいるのではないかと思うのだが、スマホを持つことは日本と同じく当たり前である。iPhoneは確かに人気だが中古販売が進んでいたり、Android機の新品でもLenovo等の機種では3万円もしないようなものがゴロゴロ売られていたり、とにかく安くスマホ手に入れることができる。
ガラケータイプを探すほうが大変である。基本スマホ。

マレーシアは機種は専門店で買って、通信会社にはSIMだけ契約しに行くことが主流だ。
大手はCelcomとMaxisだが、どちらもプリペイドでLTEを提供している。
あらかじめ番号の口座にいくらか入れておいて、そこからデータ通信だけを買う。
電話料金はチャージした分から使った分だけ引かれていく。

アプリから通信料や電話料金がどれだけ残っているかを見れて更新もできるので管理が非常に楽だ。

MaxisのHotlink(プリペイド)の料金

日本では前述したように機種と通信料との抱き合わせが主流ではあるのだが、とにかく毎月の維持費が高い。
私が日本にいたときドコモでXPERIA Z4を契約していたのだが、5GB/月で11,000円支払っていた。
機種代を引いた通信料+かけ放題の電話料金が7000円くらい。
電話もほとんどせず、キャリアメールも一切使わず、ネットだけでこの値段。高い。


Hotlinkには5GBというプランが無いので一番近いのでいうと

6GB+YouTube 2GB:RM68(約1800円)

これに電話料金は使った分だけ引かれていくのだがこんな感じ。

国内通話:RM0.12/30秒(約3円)
日本への通話(固定)※:RM0.18/分(約5円)
日本への通話(携帯)※:RM0.50/分(約13円)

※電話番号の前に13200をつけてかける

今はそんなに通信料を使わないので2GBのプランを使用している。

2GB+YouTube 2GB:RM30(約800円)

私にとっては月1,000円で十分である。
通信速度も実測6Mbpsとそんなに悪くはない。

日本ももっと通信と機種をわけて考えるようになればいい

日本の携帯大手三社は安くしろと言われれば3社同時に同じ料金で提示するように談合もいいところであるが、格安SIMが登場しても一向に利用者数は減らない。

どんなに高くても使い続ける理由として以下のようなことがあるのではないだろうか。

  • 格安SIMは使い物にならないというイメージ
  • 大手三社は信頼感がある
  • クレジットカードが無くても契約できる
  • 携帯・スマホは大手三社で二年縛りの契約をして買うものだ
  • 家族割が使える
  • なんだか難しそう
  • SIMフリー機がどこに売っているかわからない
  • そもそもSIMロック・フリーの概念を知らない


実際問題、日本では格安SIMが普及しない一番の理由はSIMフリー機の入手がマレーシア程簡単でないことが挙げられると思う。こちらで販売されている機種は全部SIMフリーで、町中の至るところに販売店があるのでとても身近なのだ。

それが日本はスマホが欲しいとなれば通信会社に買いに行くのが当たり前で、ネットでSIMフリー機を手に入れようという考えすら湧かないのが普通だろう。窓口でハンコを押して契約すればセットアップ(実は全然難しくない)までしてもらえて楽だし簡単ということもあるかもしれない。キャリアメール以外の登録を受け付けないというサービスが当たり前のようにあったりしたことも原因だろうか。ラインも普及してメールもGmail等を使うことが増えてきた中でキャリアメールの必要性が私にはもうわからないけど。

SIMフリー機を使うのは難しくて詳しい人しか使えないというイメージが無くならない限りは大手を使い続けるだろうし、そのイメージを無くすのは容易では無い。そうである限り大手は顧客の流出もないので通信料は高いままだろう。マレーシア程安くしろとは言わないが正直取りすぎだと思う。
機種と通信会社をもっとわけて考えられるようなシステムになれば全体的に消費者に優しい料金設定へ変わっていくのになぁ、と思うのであった。